世界と日本の気になるニュース。気になる人たち。


by taka_m1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
日本の大型電器店を訪れた中国人がカメラを購入。
しかし開封したカメラを見て、彼はびっくり仰天してしまったそうな。
彼は言います。


「カメラを手に入れて得意な気持ちになって

いた私だったが、包装を破いてみてみると、

カメラにはメイド・イン・チャイナと書かれている

ではないか!

私は言葉を失ってしまったよ」



なんというチャイニーズジョーク。
「中国製」という文字を見ただけで不安な気持ちになってしまうのは、いまや日本人だけでないのかもしれません。
彼がトラウマから生還できる日を心よりお祈り申し上げます。

★【中国ブログ】言葉を失った・・せっかく日本で購入したのに


f0170064_19575821.jpg

[PR]
# by taka_m1 | 2009-09-28 20:01
★裸の男がオートバイに…5度目の飲酒運転で逮捕
上記の事件からもわかるように、男は酒を飲むとやたらと脱ぎたがる人が多いようです。
みなさんの周りでも、無礼講の飲み会やコンパで、突然服を脱ぎだした男がひとりやふたり、いたことでしょう。これは全世界の男に共通する癖のようでありまして、似たようなニュースは枚挙にいとまがありません。

なぜ男達はそこまでして脱ぎたがるのか???

汚い裸体を公衆の面前にさらすことで、自分自身を罰しているのだろうか。
それとも、常に身体を拘束している「衣服」を剥ぎ取ることで、魂の解放を目指しているのだろうか。

どちらにしても実にハタ迷惑な行為ではありますが、我々はそんな男たちを生温かく見守ることしかできないのが現実なのです・・・・・。




f0170064_1282348.jpg




f0170064_1284941.jpg




f0170064_12114467.jpg


f0170064_12113075.jpg

[PR]
# by taka_m1 | 2009-09-20 12:18

悲しき性

男という生き物は、自分の意志に関わらず、獲物を凝視してしまう癖があるようです。
年齢問わずの悲しき性(さが)・・・・・・。




f0170064_11351289.jpg




f0170064_11352460.jpg




f0170064_11354618.jpg

[PR]
# by taka_m1 | 2009-09-20 11:38
f0170064_18331836.jpg

実に残念なニュースです。
荒船山で発見された男性の遺体が、「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人さんと 確認されました。


「登山に行く」と出かけたまま行方不明になっていた臼井さんを捜索していた群馬県警が19日午前10時45分ごろ、山中で臼井さんらしき男性の遺体を発見。

男性は崖から転落したとみられ、すでに死亡していました。遺体の損傷はかなり激しく、警察は男性が臼井さんかどうか含めて調べていたのですが、20日、歯型の特徴が一致したことで臼井さん本人と確認されたようです・・・・・。
事故死なのか、自殺なのか、他殺なのかは不明ですが、なんとも残念な結果となってしまいました。


自分が「クレヨンしんちゃん」を知ったのは、もう18年も前のこと。
本屋でバイトしていた友達に「今、クレヨンしんちゃんのマンガ本がひそかに売れてるよ」と教えられてからです。そのときは、「何それ、変なタイトル!」と笑い飛ばしたものですが、その後始まったテレビアニメを見て自分もあっという間に「クレヨンしんちゃん」の魅力に嵌ったものでした。

お下劣なギャグが小さな子を持つ親たちの反感を買いまくりましたが、ギャグの裏にあるハートフルな世界は子どもだけではなく、多くの大人たちの心までもを掴んだのは事実。そんな国民的人気を博した「クレヨンしんちゃん」を世に送り出してくれた臼井さんが亡くなられたは、エンタメ界の大きな損失です。

死ななくてもいい善良な人間が天に召され、死んで当然の悪い人間ばかりがのうのうと社会で生き長らえている現実は、なんとも残念としかいいようがありませんね。
[PR]
# by taka_m1 | 2009-09-19 18:35

パナマに謎の生物出現!

パナマのテレビ局テレメトロが、正体不明の謎の生物を発見したと報道したようです。
この生物は体長が約172cm。全身はピンクがかった白色で、体毛はなし。全体的に細いものの、腹部は膨らみ、頭部は亀のようだとか。

下のがその生物の画像です。



f0170064_9395625.jpg


14歳から16歳の4人の少年たちがセロアズールという街の湖で遊んでいると、洞穴からこの生物が突然飛び出してきたそうな。驚いた少年たちは叫び声をあげながら逃げつつも、身を守るために棒で生物を殴り、岩を投げつけるなど必死の攻撃。その結果、生物は死に、少年たちは水たまりに死体を投げ込んで家に帰ったそうです。


本当に怖かったでしょうね・・・・・
謎の生物さんにしてみたら!

この生物がエイリアンなのか、なにかの突然変異体なのかは知りませんが、「今日はいい天気だなあ♪」と外に出てみたら、いきなりガキどもに襲われて殴り殺されてしまうなんて、本当に気の毒でなりません。異形のモノに恐怖し排除しようとする心理は人間の本能ではありますが、知的生命体とは思えないほどに野蛮だと思います。


もっとも世界各国のネットユーザーからは、「死んだ犬」「捨てられた映画の小道具」「変わった宣伝の一種」「毛を失ったナマケモノ」といった声も上がっているそうなのですが・・・・。

果たしてこの生物の正体は何なのか。
とても気になります。


★中米パナマに正体不明の生物現る、「ゴラム実在か」とメディアも大騒ぎ。
[PR]
# by taka_m1 | 2009-09-19 09:56